top of page
  • 2j873r

爪が痛い!もしかしたら陥入爪

「爪が痛いです。巻き爪ではなさそうなんですが」と。

見せてもらうと、陥入爪。

陥入爪は、爪が埋もれてしまっている状態。皮膚にくい込んでしまうので痛みます。

一見、巻き爪はそんなになさそうと思いますが、深く埋もれて見えていなかったりします。

原因の多くは、爪の角(コーナー)を爪切りで切り落としてしまうこと。基に巻き爪があって、痛み対策で角を切っているという人も多く、この場合巻き爪も陥入爪も進行していくことが多いです。

陥入爪はなぜ痛いのでしょう?

埋もれて皮膚を圧迫しているから。それと、爪は前に伸びるので余計に刺さっていきます。また、つらい痛みがある人は、もしかしたら爪の角を切った際、切り残しがトゲの様になっていて、皮膚に刺さっているかもしれません。また、爪の角をむしり取るように切っておられる場合は、奥の方まで傷ができて、出血したり化膿してりしているかもしれません。サカムケをむしり取ると傷ができますよね。あれと同じイメージです。

ではどうしたらよいでしょうか?

陥入爪は、爪を育ててキレイに伸ばしてあげると解決します。

「陥入爪補正」は埋もれた爪を助けてあげることと、キレイに伸びることを助けます。

写真は陥入爪補正ビフォーアフター。こんな感じです。いい感じでしょ。

「快適です!」「めっちゃ楽!」と喜んでもらえています。

お困りの方、もしかしてと気になる方、お気軽にご相談ください。

皮膚科に診てもらった方が良い場合は案内しますので、窓口としてもどうぞお気軽に。





bottom of page